NEWS

ニュース

【5/15オンライン】ビジネスと社会的責任の循環を生む方法

ニュース
【オンライン】ビジネスと社会的責任の循環を生む方法 環境問題に取り組むパイオニア企業として名高いパタゴニア。 昨年9月末まで10年に渡り支社長を務めていたのが、辻井 隆行さんです。 どのように、ビジネスと社会的責任の良い循環を生むための仕組みを作るのか、そして、新たなチャレンジを生む経営者には何が求められるのでしょうか? 現在も# いしきをかえよう の発起人の一人として市民による民主主義や未来のあり方を問い直す活動を続ける辻井さんをゲストに迎え、ビジネスと社会的責任の循環を生む方法、そして経営者としてのあり方を考えます。 ▶︎このオンラインセミナーの一部に、東海若手起業塾の13期説明会を含みます。 東海若手起業塾は、今年で13年目を迎える起業家支援プログラム。 東海地域を活性化したいと考える若手起業家を対象に、ビジネスモデル・戦略の質を高め、事業を成長軌道に乗せるための支援をします。経験豊かなメンターや先輩起業家、個別の支援チームが伴走し、起業家としての「ぶれない軸」「巻き込む力」「自律性」を育み、経営課題を解決するための支援を行います。 ※今期の募集の詳細等については、募集要項エントリー方法をご覧ください。オンライン個別説明会も開催しています。 【ビジネスと社会的責任の循環を生む方法】 ゲスト: 辻井 隆行さん(元・パタゴニア日本支社長) 1968年生。早稲田大学大学院社会学科学研究科(地球社会論)修士課程修了。99年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷ストアに勤務。2000年、正社員として入社。鎌倉ストア、マーケティング部門、卸売り部門を経て、2009年から2019年まで日本支社長。2019年秋、自分の器の限界を感じて日本支社長を退任。現在は、自然と親しむ生活を送りながら、企業やNPOのビジョン・戦略策定を手伝いつつ、# いしきをかえよう の発起人の一人として市民による民主主義や未来のあり方を問い直す活動を続ける。2016年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。 【詳細】 日時:2020年5月15日(金)18:00~19:30 参加費:無料 締め切り:5月14日 zoomウェビナーを利用します。PCをご準備ください。 申し込み:https://forms.gle/VSjbfcqZ4xCbAmR86 (申し込みされたメールアドレスに、参加URLをお送りします) 対象:起業家に限らず、本テーマに興味のある方は、ぜひご参加ください。 ▷問い合せ先 東海若手起業塾実行委員会 事務局 担当:小池、市原、古井 Tel: 050-3738-6013 E-mail: info@tokai-entre.jp
15期募集中