NEWS

ニュース

東海若手起業塾・第12期
エントリー WEB投票課題

牧野 佳奈子さん

  1. この事業を通じて実現したいことは何か?(事業の社会的ミッション)

    「違って当たり前」の社会ほど、強く、しなやかに持続成長していけるはずだと信じています。国籍や文化や言葉など様々な違いを「なくす」のではなく、むしろ違うことに価値を見出し「活かせる」社会にしていきたい。すべての人が自分らしく生き生きと成長できる未来の実現を目指しています。

  2. なぜそれを実現したいのか?(問題意識や個人的動機)

    日本国内で自殺する人は年間2万人以上、特に10代の死因は自殺が1位を占めています。要因は様々ですが、私は、いじめに象徴される不寛容な社会のあり方に息苦しさを感じている人が少なくないのではないかとは思わずにいられません。
    多様性が尊重されることによって一人一人の生き方や価値観の選択肢が広がり、未来に希望を見出せる人が増えるのではないかと思っています。

  3. 事業概要(顧客・提供価値・具体的商品・サービス等)

    ①2015年に立ち上げたオウンドメディアを発展させ、在日外国人の視聴者に対する広告から収益を得られる事業にする
    ②日本で生まれ育つ外国ルーツの若者にキャリア教育の機会を提供し、企業への就職および定着を支援する
    ③外国人雇用企業に対する異文化コミュニケーションセミナーやコンサルティング、イベント企画を行う

  4. 最終選考会にむけてひとこと

    「外国人労働者の受け入れ」が注目されていますが、そのために必要な政策や施策は20年前から何も変わっていません。外国人住民に対する国民感情も、マスコミの論調も、経過年数に比して変化は少ないように思います。それは未だに外国人はよそ者であり、または弱者であり、もしくはお客様であるという視点が根強いからです。
    その溝を取っ払うにはどうすればよいかを常に考えながら、より良い活動を模索していきたいと思います。

Tweet
「シェア」数でWEB投票を行なっています。
共感する・応援したい起業家の記事のシェアをお願いします!