NEWS

ニュース

東海若手起業塾・第12期
エントリー WEB投票課題

NPO法人SevenSwell

藤本径也さん

  1. この事業を通じて実現したいことは何か?(事業の社会的ミッション)

     社会の変化に伴い教育環境も変化する中、子供達が学校以外で様々なことを学べる環境を拡充する為、専門性の高い企業や事業者、教育機関、行政と連携をし、まずはものづくりの体験活動を軸に子供達の「つくる」力を育む活動を行い、社会教育・キャリア教育、文化芸術活動の発展推進を目指します。

  2. なぜそれを実現したいのか?(問題意識や個人的動機)

     僕は人間にとって「つくる」ことが最も重要だと考えています。
    「つくる」とは物作りなど形の残る活動はもちろん、目には見えない人間同士の繋がりや関係、環境、価値、夢や目標といった様々なものです。
    そういった総合的な「つくる」力こそが今後より重要になっていくものであり、それらの力を使い子供達が自らの手でより良い社会を作っていける為の土台を用意することが大人としての役割の一つだと感じています。

  3. 事業概要(顧客・提供価値・具体的商品・サービス等)

     まずは小学生を対象にした物作りの体験活動をNPO・行政や教育機関・企業や事業者などと連携をし、それぞれの専門性や特性を生かしながら行っていきます。


    ◇企業主催の事業(専門性高/公共性低)
    子供達への指導やその他連携→NPO(企業の負担減/社会性高)
    開催場所→公共施設や学校内(公共性高)
    その他→事業内容に関係する専門性を持った高校大学と連携(社会性高)

  4. 最終選考会にむけてひとこと

     僕は小さい頃、祖父母から大工仕事や料理を習い何かをつくるのが大好きでした。残念ながら今現在僕は大工でもないですし料理も全くできないですが、手作りの温かみや大切さ、楽しさや大変さはしっかりと心に残っています。
    身の回りに物が溢れている今の子供たちも、そういった経験を通して「モノの価値」が分かるようになってくれればと思います。
    応援よろしくお願いします!

Tweet
「シェア」数でWEB投票を行なっています。
共感する・応援したい起業家の記事のシェアをお願いします!